記事リスト

効率よく分別

作業員

機械を用いた仕分け

工事現場などにおいて、土や砂、砂利などを分別したり異物を取り除く際などに用いられるものとして振動篩機がある。振動篩機では、網を振動させることにより大きさのことなるものを分けることができる。振動篩機に、分別したい土砂や不純物が混ざったものを投入するのみで、その大きさなどに分けて自動で振り分けてもらうことができる。これらを、手動で行う場合、物質の大きさごとの網などを用意し、順次振り分けしていく必要があるため大きな手間が必要になる。しかし、振動篩機を用いることで、異なる大きさの複数の物質を1度の篩かけにより自動で振り分けてもらうことができる。工事現場などでは、土砂などに混ざった不純物を取り除き再利用したいケースや、分別し廃棄したいケースなどがある。自動篩機を用いることで、簡単に振り分けすることが可能となる。これらの振動篩機では、モーターなどを用いて網を振動させながら篩にかけていくことになる。その為、機械などによっては騒音や振動を発生させてしまう可能性が有る。振動篩機を利用する場合には、騒音や振動への対策を取ったうえで利用することが重要になる。また、振動篩機の種類により分別できる物質の数が異なる場合もある。振動篩機では段階的に篩を掛けていくがその際、網の設定数の違いなどにより、分別できる物質の数が異なることがある。1度で多くの物質を分別したい場合には、多くの種類を1回で分別できる性能を持ったものを使用すると良い。